名古屋、愛知の土地から探す自由設計の注文住宅は、
年間400棟の実績の『アールギャラリー』

0120-09-9104 受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

注文住宅情報ブログBlog

2018年10月11日役に立つポイント!vol.7 ~子供部屋~

横田 彬孝

こんにちは!

住宅コンサルタントの横田です。

お子様が大きくなるとそれぞれの個室が必要になると思います。

ではお子様のお部屋はどんな大きさで作ればよいのか。。。

それは考え方次第で大きく変わってきます。

もし将来的にお子様が出ていかれることを想定するのであれば、個室としての用途だといずれ物置になる可能性が高くなります。

下の写真のようにあらかじめ何もないフリースペースにしておけば壁を足すことや減らすことは構造上、問題なく変化をすることができます。

 

もし長期の生活スタイルの中で具体的にイメージができているのであれば、一般的な子供部屋のように最初から個室もいいですが、是非、住宅をお考えの際は長期の生活スタイルをイメージをしていただき、無駄のない間取り造りをしていきましょう!