注文住宅情報ブログBlog

2019年12月21日玄関

水野 晶太

住宅コンサルタントの水野晶太です。

今回は玄関についてお話したいと思います。

 

私は幼少期をアメリカで過ごしたのですが

アメリカでは玄関で靴を脱ぐという文化がありませんでした。

一方日本では当たり前のように玄関で靴を脱ぎ、土足のまま家に上がることは滅多にありません。

 

ここには文化の違いと日本独自の気候が大きく影響してきます。

日本は高温多湿な気候の為、床下を作らないと床が湿気ってしまうので、

必然的に外と中で段差が生まれるのです。

 

この段差から家に上がるという表現が生まれ、

家の中は外部よりも一段高く、大切な場所だと考えられたのです。

大切な場所に土足で上がるのは失礼にあたるということから

靴を脱ぐという文化が生まれたのではないかと言われています。

 

このような理由以外にも靴を脱ぐとお互いの気心を許し合えることで

家の中だと一歩踏み込んだ間柄になれたりもします。

お客様のご自宅に上げて頂けた際は

お客様から少しは信頼して頂けたのではないかと嬉しい気分になります。

 

日本の玄関はただ靴を脱ぐだけの場所ではなく

一緒に住む人たちの関係をより深めるための場所でもあるのかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。