名古屋、愛知の土地から探す自由設計の注文住宅は、
年間400棟の実績の『アールギャラリー』

0120-09-9104 受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

注文住宅情報ブログBlog

2019年03月12日監督営業マンの語る 近隣クレームの少ない現場と土地

佐藤 延彰

こんにちは、監督営業マンの佐藤です。

現場での工事中の近隣クレームは非常に多くその内容も様々です。

工事中はどうしても近隣の方にしたら騒音、汚れ、振動など色々と迷惑が掛かってしましますよね。ではどういった土地がクレームが起きにくいのか、またどんな現場がクレームになりにくいかを解説していきます。

一番は周辺環境が整っているという事です。では周辺環境が整っているとは、まずは写真の用な分譲地などがあげられます。コンクリートブロックなどが綺麗に積まれて、水道、ガスなどのライフラインの引込工事がされていたら言うこと無いですね。もう既に工事が終わっている部分が有るので建築工事でのトラブルも減りますよね。
一番は大型な新規分譲地なんかは周りに全くお家が建っていなければクレームの起きようもないですね。

通常の土地で言うと、まずは道路からフラットで高低差が少ないと、土の流出や、水の流れも少ないのでいいです。周りに家が近すぎないのもポイント、隣地の家が近すぎでも工事で傷つけたり、音や振動も伝わりやすいですし、埃や、よく言われるのは、木くず、コンクリートの、泥はね等はあります。

前面の道路が狭いのも、駐車や材料の荷下ろしでお向さんや通行人から邪魔になると言われてしましますね。駐車スペースがしっかりと確保できるくらいの広い土地ですと、何とかなります。

綺麗なイメージの現場はクレームが出にくいのは間違いないですね。後は工事前にしっかりと挨拶が出来ているかも重要ですね。

またよい土地か知りたいとの方はお気軽にお問い合わせください。それではまた!