注文住宅情報ブログBlog

2019年08月13日間取りの失敗あるある。part2

水野 裕也

 

 

こんにちは。住宅コンサルタントの水野裕也です。

 

じっくり考えたつもりでも実際に暮らしてみると想定外のことが、、、

前回に引き続き間取りの失敗あるあるをご紹介させて頂きます。

 

 

【視線】

・リビングに大きな窓をつけたが通行人の視線が気になってカーテンが開けられない、、

・動線を考えて道路側に玄関を配置したが宅配が来た際に中が丸見えに、、

 

→場所によって大きさ、配置を工夫してあげると適度なプライベート空間が実現できます。

またフェンスや植栽など外構で目隠しを計画してあげてもいいですね。

 

 

 

【音・ニオイ】

・ダイニングの近くにトイレを配置したものの音が聞こえてしまい特に来客時は気まずい、、

・オープンなLDK、吹き抜けのなので料理のニオイが充満。特に焼肉は、、

 

→プランニングの際に音、ニオイが発生するトイレやキッチン、駐車スペースをチェック。

トイレに関してはワンクッション空間はさんだり音を吸収する素材を壁に充填する方法も。

 

 

 

【広さ】

・間取りが決まった後に大きなダイニングテーブルを買ったため、テーブル周辺が狭く座っている人の後ろが通れない。

・リビングの広さにこだわりすぎてしまい、収納が少なく家具を置く羽目に、、

 

→プランニングの段階で置きたい家具や家電をイメージし、決まっている物はあらかじめ寸法を共有するのもコツ。

今の暮らしと照らし合わせながら収納も検討していきましょう。(掃除機、季節家電、日用品、、)

 

 

 

プランニング段階で少しでも未然に防げるといいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

水野 裕也