注文住宅情報ブログBlog

2020年10月19日注文住宅で新しい生活様式

鈴木 崇宏

アベノマスクがようやく自宅に届いた住宅コンサルタントの鈴木です。ちょっと勘違いをしていたのですが、一世帯に2枚(例えば二世帯なら2セットの4枚)ではなく、「うちは二世帯なのに1セット足りないよっ」て文句を言っていたら、一住所に2枚だったんですね!説明書きにはっきりと記載されていました、、、

 

コロナ自粛も終わりましたが、まだまだ対策をしつつ社会生活をしていかなくてはならない今日ですが、住宅に求められる機能も変化してくるのであろうことが予測されますね!

 

私の家でも自粛中は子供たちが学校なども休みでしたので、毎週のようにバーベキューや本来こども園で練習されるはずだった鉄棒、縄跳び、竹馬などを毎日お庭で練習しておりました。(幸い敷地に余裕がありお庭が広く取れていたから可能でしたが、賃貸やマンションや戸建でもそうでない家庭の方が圧倒的に多いと思います。)

 

また、弊社でも在宅ワークの日が設定されて、こちらも幸い籠もって仕事のできるスペースが自宅にはあったので助かりましたが、不自由した方も多かったと思います。

 

そんな訳で、注文住宅の場合にはこれらの機能を想定したプランニングを行うこともできます。

 

例えば、アールギャラリーでよく施工させていただいているプラスワンリビングの屋上スペースで、バーベキューやお庭遊びや運動、お家キャンプなど。

 

 

また例えば、アールギャラリーの各展示場のモデルハウスにあるスッキップフロアの書斎やスタディースペースでの自宅学習や在宅ワーク、その下のピットのように家族みんなが家ににいるときでも籠もって別々の趣味や遊びが行えるスペース。

  

他にも、帰宅してからすぐに手洗い・うがいができるような最短動線の考えられた洗面室の配置や家族みんなで料理を楽しめるようなキッチンダイニングの構成など。

 

今後はそんなご提案も必須になってくるんだろうなぁと、アベノマスクを見ながらふと真面目に思った次第の鈴木でした。