注文住宅情報ブログBlog

2020年06月27日監督営業マンの語る細かすぎて伝わらない現場(断熱施工編)

佐藤 延彰

こんにちは、監督営業マンの佐藤です。

本日は現場で断熱施工について語っていきます。

弊社での断熱材は吹き付け断熱がメインです。屋根面と壁面にはウレタンフォームを吹き付けます。

この際に施工のチェックポイントが厚みとカットです。

断熱が薄すぎてもいけないですし、厚く膨らみ過ぎてもダメです。厚みの測定定規で刺して極端に薄い箇所が無いかチェックします。足りない箇所は後で補填します。逆に膨らみ過ぎた個所はカッターで切り落として柱より出ないように平らにします。
少しでも出っ張ってると壁の下地のプラスターボードがしっかりと貼れなくなるので要注意です。

ここを丁寧に行うと断熱性能が向上します。

施工後は弊社の監督がしっかりと最終の厚みをチェックしていくので断熱材の厚みが安定していきます。

現場施工は通常一日で終わるので、中々見るタイミングは無いのですが、液体を吹き付けてモコモコ膨らむ様は面白いです。施工業者の丁寧さが重要です。我々アールギャラリーの職人さんたちはお家をあったかく気密性を長く保てる住まいになるようにしっかりと施工してくれますよ。
施工後の構造現場が見たい方はご案内もいたします。お気軽に私までお声掛けください!

それではまた