Y様邸 | 建築実例 | アールギャラリー | 愛知、東京の注文住宅&一戸建て arr gallery

FreeCall0120-09-9104

10:00〜19:00[水曜定休]

コンセプト

建築実例

OUR WORKS

立地条件に左右されない、コートプラン。南面を閉じても明るい家。

Y様邸

  • 延床面積/135.93㎡(41.1坪)
  • 敷地面積/211.00㎡(63.8坪)
  • 工法・構造/木造軸組
  • 竣工年月/2021年6月

こだわりの設計をチェック!!


POINT 1

POINT 1

住宅密集地を考慮して、中庭を設けたコートプランを採用。

中庭に面したリビングに吹抜けを設計することで、中庭からの採光が室内に拡散するように計算されています。

POINT 2

POINT 2

コの字型の間取りのくぼみ部分に配置した中庭。

通りからの目線も入らないので、友人を招いてのBBQや、子どもとの水遊びなど、プライベートな時間を楽しむことができます。

POINT 3

POINT 3

玄関にはワイドなFIX窓を配置。

玄関扉を開けた時から室内がパッと明るく華やぐ、そんな気分を家族もゲストも感じられる設えが素敵です。

POINT 4

POINT 4

廊下にスリット窓を配置することで、圧迫感が解消されて開放感が際立つ空間に。

単なる移動手段としての廊下が、気分転換できる心地よい場所になっています。

POINT 5

POINT 5

キッチンに下がり天井を採用して間接照明を合わせるなど、生活感をなくす工夫が施されています。

このキッチンをベースに、オークの床材や落ち着いたテイストのクロスを採用するなど、ホテルライクな空間を意識しています。

POINT 6

POINT 6

リビング階段を採用することで、いつでも家族の顔が見える空間を意識したというYさん。

鉄骨階段を採用することで、階段がインテリアのアクセントになっています。

POINT 7

POINT 7

吹抜けの2階部分にデコマドを配置。

デコマドからのぞく子どもたちの可愛い笑顔をリビングから見上げるといった楽し気な光景をイメージして造ったお気に入りの設え。

POINT 8

POINT 8

畳コーナーを小上がり設計にすることで、段差部分に腰掛けられるなど、空間に程よい遊びの部分が生まれています。

開放的な間取りでありながら、居場所選びが楽しくなる空間です。

POINT 9

POINT 9

建物が北側道路に面しているため、外観デザインにあまりこだわりを持っていなかったというYさん。

「住まいの顔として、外観デザインは妥協しない方が良い、とのアドバイスを設計士さんがしてくれました。後悔のない家づくりが叶ったことを象徴する部分です」